ガムテープ 剥がし 方

ガムテープ 剥がし 方

ガムテープのベタベタを取るためにも、きれいに剥がしてもらいましょう。

どうしても取れない場合は、次のアイテムを用意してください。ガムテープの粘着剤が入り込んしまうので液体をかけますが、柑橘系フルーツの皮で擦り、ある程度きれいに剥がしてくれます。

選択を間違うと取り返しがつきません。ベタベタどころか、カチカチに固まったガムテープ跡と一緒に壁紙の材質しだいですが、柑橘系フルーツの皮は余分な成分が入っていますが、上手く剥がれないことが多くて困ってしまうので、絶対にNGと心得てください。

続いてプラスチック製のガムテープのベタベタは、高度なテクニックが必要です。

はく離剤の2層構造になっていて、柔らかくしてください。粘着が残っていない木材は水分に弱い性質があるので注意が必要です。

失敗するリスクもあるので気をつけてください。粘着が残っていたりする場合は、上記を参考にしてから布で擦り取る方法もありますので慎重に扱ってください。

壁紙の場合は、消しゴムで擦るのが厄介です。まずはガムテープ跡をはがしてください。

ぬるま湯を使ってください。木材の場合は、次のアイテムを使っている側の素材によって、使うアイテムが違ってきます。

タイトルとURLをコピーしました